中国人が買ったブルゴーニュ

国末憲人
執筆者:国末憲人 2012年9月2日
エリア: ヨーロッパ

最高級のブルゴーニュワインを産する村として、フランス中部の「ジュヴレ・シャンベルタン」を知らない愛好家はいない。2000年にわたるブドウ栽培の歴史を持ち、皇帝ナポレオンが愛飲し、現在も九つのグラン・クリュ(特級)の畑を擁している。


この村にある城「シャトー・ド・ジュヴレ・シャンベルタン」とこれに付随する2ヘクタールのブドウ畑が、中国資本によって買収された。8月に明らかになり、「フランス人の心が中国人に奪われる」などと、結構な騒ぎになっている。


同じフランスワインの産地でも、南西部ボルドーでは醸造元を「シャトー」(城)と呼ぶが、ブルゴーニュではそう呼ばない。だから「シャトー・ド・ジュヴレ・シャンベルタン」は、ワインの醸造元の意味ではなく、本物の中世のお城である。フランス革命の際に民間に払い下げられたが、近年荒廃が目立っていた。周囲に広がるブドウ畑は、19世紀半ばに城とともに買い受けたフランス人家族が所有していた。


この家族は城とブドウ畑を売却する意向を1年ほど前から示しており、地元の生産組合が500万ユーロ(約5億円)で買って観光案内所に改造する計画を立てた。「見積もりだと350万ユーロ相当だから、常識的な金額だった」と、組合のジャン=ミシェル・ギヨン代表は地元紙に語っている。しかし、家族は700万ユーロを主張して譲らない。そこに登場した中国人が800万ユーロを提示して買ってしまった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
国末憲人
国末憲人 1963年生れ。85年大阪大学卒。87年パリ第2大学新聞研究所を中退し朝日新聞社に入社。富山、徳島、大阪、広島勤務を経て2001-04年パリ支局員。外報部次長の後、07-10年パリ支局長を務め、GLOBE副編集長、本紙論説委員のあと、現在はGLOBE編集長。著書に『自爆テロリストの正体』(新潮新書)、『サルコジ―マーケティングで政治を変えた大統領―』(新潮選書)、『ポピュリズムに蝕まれるフランス』『イラク戦争の深淵』(いずれも草思社)、『ポピュリズム化する世界』(ダイヤモンド社)、共著書に『テロリストの軌跡―モハメド・アタを追う―』(草思社)などがある。
comment:4
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順