国際人のための日本古代史
国際人のための日本古代史(30)

「日本」と「渡来人」の関係

関裕二
執筆者:関裕二 2012年9月19日
エリア: 朝鮮半島 日本

『古事記』編纂1300年の今年、各地で数々のイベントが開かれている。江戸時代の国学者たちが、「『古事記』神話こそ、日本人の心の故郷だ」と称え始めて以来、『古事記』は「神典」となって、人々に親しまれることとなった。
 しかし、腑に落ちないことがある。神話に登場する神々の人気が低いのだ。それよりも、渡来系豪族・秦氏が祀っていた稲荷社や八幡社が、全国の神社の過半数を占めている。神話に登場する天照大神や天津彦彦火瓊瓊杵尊(あまつひこひこほのににぎのみこと)、彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)といった天皇家の祖神を祀る神社を数の上で圧倒している。ここに大きな謎が横たわる。『古事記』の神話は、本当に日本人の原風景なのだろうか。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
関裕二 1959年千葉県生れ。仏教美術に魅せられ日本古代史を研究。『藤原氏の正体』『蘇我氏の正体』『物部氏の正体』(以上、新潮文庫)、『伊勢神宮の暗号』(講談社)、『天皇名の暗号』(芸文社)など著書多数。
comment:2
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順