李大統領が「竹島上陸」という愚挙に至るまで

平井久志
執筆者:平井久志 2012年9月18日
カテゴリ: 国際 政治
エリア: 朝鮮半島

 日韓が領有権を争っている竹島(韓国名・独島)で8月19日に李明博(イ・ミョンバク)大統領直筆の石碑の除幕式が行なわれた。本来は韓国の解放記念日である8月15日に行なう予定であったが、荒天でこの日に延期されたものだった。

 除幕式には孟亨奎(メン・ヒョンギュ)行政安全相や金寛容(キム・グァンヨン)慶尚北道知事らが出席した。石碑は「独島守護標石」と名付けられ、高さ1.2メートルで、表にハングルで「独島」、裏に「大韓民国」、側面には「2012年夏 大統領 李明博」との文字が刻まれている。

 ところが、この石碑の土台の一部など複数の構造物が、韓国の環境保護当局の許可を受けずに設置されたことが発覚し、土台の一部などを撤去しなければならなくなった。韓国は竹島を国の天然記念物に指定しているが、慶尚北道と地元鬱陵郡は昨年8月、韓国の国旗の「太極旗」をイメージした石碑土台や道旗掲揚台、虎の像のほか、これらの竣工記念碑まで違法に設置し「めったやたらにつくり、独島を大きく傷めた」と非難を受けて撤去となった。

 李明博大統領の名前の入った石碑そのものは事前に許可もとってあり残るが、李大統領の竹島上陸が、どたばたの中で強行された事実を物語るものだ。青瓦台が主張するようにかなり以前から計画されていたのなら、こんな手違いは起きないだろう。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
平井久志
平井久志 ジャーナリスト。1952年香川県生れ。75年早稲田大学法学部卒業、共同通信社に入社。外信部、ソウル支局長、北京特派員、編集委員兼論説委員などを経て2012年3月に定年退社。現在、共同通信客員論説委員。2002年、瀋陽事件報道で新聞協会賞受賞。同年、瀋陽事件や北朝鮮経済改革などの朝鮮問題報道でボーン・上田賞受賞。 著書に『ソウル打令―反日と嫌韓の谷間で―』『日韓子育て戦争―「虹」と「星」が架ける橋―』(共に徳間書店)、『コリア打令―あまりにダイナミックな韓国人の現住所―』(ビジネス社)、『なぜ北朝鮮は孤立するのか 金正日 破局へ向かう「先軍体制」』(新潮選書)『北朝鮮の指導体制と後継 金正日から金正恩へ』(岩波現代文庫)など。
comment:7
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順