クリーン・エネルギー持続への国際貢献

2012年9月19日

 エネルギー安全保障のコンセプトの1つは、「ベスト・ミックス」にある。各種エネルギー源について、合理性、効率性、経済性、安全性、継続性などの要素を勘案し、それらを構造的に組み合わせるという政策が必要とされる。需要を満足させ、自然環境を保護し、安全と安心の社会環境を保障しなければならない。

 石炭が1次エネルギー源の60%を占める中国は、国際社会から環境汚染を指摘され、クリーン・エネルギー源への転換が急務となっている。しかし一方で、クリーン・エネルギー源と言われてきた原子力へと転換するにも、福島の原発事故が示したとおり、エネルギー施設自体の安全性が問われる。世界の原子力発電所で、現在稼働中もしくは稼働可能な原子炉が435基ある。増え続ける電力需要を支える必要がある発展途上国の原発建設は、当分の間止まらない。2030年には、原子力による世界の発電量は、現在の2倍にのぼると想定されている。排出される放射性廃棄物の処理は、それぞれの国内問題ではなく国際的問題となっている。発電所に加えて、廃棄物処理施設における安全性も同様に確保する必要がある。

 世界は、日本が福島における原子力発電所の事故を乗り越えて、その安全性向上に技術貢献することを期待している。日本は、原発に潜在する危険を克服し、100%の安全性が確保される技術を開発する、あるいは、エネルギーのベスト・ミックスにより、2030年に原発依存をゼロにすることができるかもしれないといった期待も受けている。エネルギー供給に必要な知恵や、技術や政策に関わる方向性を示してくれるのではないかと、世界は注目している。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順