シンガポールで進むリー・クアンユーの「栄光の歴史」作り

樋泉克夫
執筆者:樋泉克夫 2012年9月21日
カテゴリ: 文化・歴史

 シンガポール中央部の高台に、タントクセン病院の高層ビルが威容を誇っている。創立は1844年というから、清朝が黄昏に向けて転がるキッカケとなったアヘン戦争の開戦から4年後、香港島をイギリスに割譲した南京条約締結の2年後のことだ。福建から渡ってきた陳篤生(タン・トクセン)が貧しい華僑労働者のために開業したチッポケな慈善医院が前身で、その後、成功した華僑商人や英国植民地総督の資金援助を受け、170年ほどが過ぎた現在では、最高の設備とスタッフを備えた近代的総合病院に変容している。

 病院の正面玄関を出て左に折れて坂をしばらく下ると、小さいながら整備された公園に突き当たる。シンガポールだが、なぜか辛亥革命を指導した孫文の号である中山に因んで「中山公園」という。公園の中央に置かれた高さ5mほどの薄茶色の自然石には「一個改変中国命運的人(中国の命運を変えた人)」と、孫文を讃える文字が刻まれている。1997年4月というから香港返還の3カ月ほど前に、李光耀(リー・クアンユー)が揮毫したものだ。

 この公園と道を1本隔てると、「晩清園」と名づけられた瀟洒で古風な邸宅風の建物がある。1880代に建てられた後、ゴム園経営で大成功した華僑財閥の張永福が母親のための別荘として買い取ったという。周囲に高層マンションやら高架道が走っているが、おそらく当時、一帯は緑濃い閑静な佇まいであったろう。張永福は清末に東南アジア各地で活躍した華僑商人の例に漏れず、清朝打倒の革命運動、ことに孫文の革命運動を熱心に支持したパトロンの1人だ。やがて彼は晩清園を孫文に提供する。そこで孫文は、晩清園を拠点に東南アジア華僑社会で革命思想宣伝を続けると共に、華僑商人から革命資金を募っている。孫文が派手な革命活動を展開できたのも東南アジア華僑商人の支援があったればこそ、であった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
樋泉克夫
樋泉克夫 愛知大学教授。1947年生れ。香港中文大学新亜研究所、中央大学大学院博士課程を経て、外務省専門調査員として在タイ日本大使館勤務(83―85年、88―92年)。98年から愛知県立大学教授を務め、2011年より現職。『「死体」が語る中国文化』(新潮選書)のほか、華僑・華人論、京劇史に関する著書・論文多数。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順