早死にするアフリカの元首たち

平野克己
執筆者:平野克己 2012年9月21日
カテゴリ: 国際 社会
エリア: アフリカ

 白戸さんがエチオピアのメレス首相の死について、同首相の業績とともに詳しく紹介してくれた(アフリカのコンピューター付きブルドーザーメレス首相の死)。まことにメレスの死は、ボディーブローのように重く効いてくる衝撃だ。私も一度エチオピア首相官邸をお訪ねしたことがあるが、痩身小柄でギョロ眼、知能指数が高くて頭の回転が早い、印象としては「アフリカの秀吉」という感じだった。白戸さんのいうように“今太閤”的な人物だ。メレスを失ったことでアフリカの国際政治は流動化し始めるかもしれない。

 ところで今年に入ってからアフリカでは、メレスを含めると4人の国家元首が死んでいる。ギニアビサウのサンハ大統領、マラウィのムタリカ大統領、ガーナのミルズ大統領。いずれも急死だった。一昨年にはナイジェリアのヤラドゥア大統領がメレスと同じく50歳台の若さで亡くなっている。リビアのカダフィが非業の最期を遂げたのは去年だ。アフリカには56人もの国家元首がいるから現職で亡くなる人がいてもおかしくないが、かつてのような終身大統領や、それに近い長期政権で老いた独裁者が死んでいったのとは違い、最近の現職大統領はポキッと折れるように死んでいく人が多い。2008年に亡くなったザンビアのムワナワサ大統領もそうだった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
平野克己
平野克己 1956年生れ。早稲田大学政治経済学部卒、同大学院経済研究科修了。スーダンで地域研究を開始し、外務省専門調査員(在ジンバブエ大使館)、笹川平和財団プログラムオフィサーを経てアジア経済研究所に入所。在ヨハネスブルク海外調査員(ウィットウォータースランド大学客員研究員)、JETRO(日本貿易振興機構)ヨハネスブルクセンター所長、地域研究センター長などを経て、2015年から理事。『経済大陸アフリカ:資源、食糧問題から開発政策まで』 (中公新書)のほか、『アフリカ問題――開発と援助の世界史』(日本評論社)、『南アフリカの衝撃』(日本経済新聞出版社)など著書多数。2011年、同志社大学より博士号(グローバル社会研究)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順