軍制服組の政治局員が2人から3人へ増員

野嶋剛
執筆者:野嶋剛 2012年10月3日

 複数の関係筋によると、習近平・政治局常務委員(国家副主席)率いる中国の次期指導部である党政治局に人民解放軍から制服組3人が入る方向が固まった。11月8日に開幕する第18回党大会(18大)の閉幕翌日に開く第18期中央委員会第一回全体会議(一中全会)で、正式決定する。

 最高統帥機関である党中央軍事委員会の首脳人事を巡っては既に、軍令を担当する筆頭格の副主席に常万全・総装備部部長、軍政を担う副主席には許其亮・空軍司令官という2人の党中央軍事委委員が昇格し、慣例に従い、両副主席とも政治局入りするとみられている。新たに政治局入りするのは、国防相である。

 かつて国防相は「軍の財政事務を担い、国務院(中央政府)と交渉する窓口にすぎない。実質的に一線を退いた老人にあてがう名誉職」と揶揄された。だが、現在の梁光烈・国防相(2008年就任、71歳・年齢は今年7月1日時点)から、以前は軍政担当の党中央軍事委副主席が主管していた軍事外交が国防相に移管された。加えて梁は、1992年秋に失脚した楊白冰・元軍総政治部主任が兼務し、楊以降、肩書きそのものが廃止された党中央軍事委秘書長の職務も実質的に担っているそう。同委秘書長は、党中央や国務院における弁公庁主任にあたり、日常業務を差配する要のポジションだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
野嶋剛
野嶋剛 1968年生れ。ジャーナリスト。上智大学新聞学科卒。大学在学中に香港中文大学に留学。92年朝日新聞社入社後、佐賀支局、中国・アモイ大学留学、西部社会部を経て、シンガポール支局長や台北支局長として中国や台湾、アジア関連の報道に携わる。2016年4月からフリーに。著書に「イラク戦争従軍記」(朝日新聞社)、「ふたつの故宮博物院」(新潮選書)、「謎の名画・清明上河図」(勉誠出版)、「銀輪の巨人ジャイアント」(東洋経済新報社)、「ラスト・バタリオン 蒋介石と日本軍人たち」(講談社)、「認識・TAIWAN・電影 映画で知る台湾」(明石書店)、訳書に「チャイニーズ・ライフ」(明石書店)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順