仏国民64%「今ならマーストリヒト条約を支持しない」

渡邊啓貴
執筆者:渡邊啓貴 2012年10月4日
エリア: ヨーロッパ

 フランスでは、今からちょうど20年前の1992年9月20日、マーストリヒト条約(EU条約)がかろうじて国民投票で批准された(支持率51%)。同年6月にデンマークが国民投票で批准を拒否したことから、当初は欧州統合の牽引車役を自負していたミッテラン仏大統領が、国民投票で圧倒的な支持を得ることで、フランスの統合への威信を示そうとした試みであったが、投票日が近づくにつれて支持率が降下、一時は批准そのものも危ぶまれた。ドイツ憲法評議会での合憲判決によって翌年11月に発効したが、「小さな支持(プティ・ウイ)」とも揶揄された。

 何はともあれ、2009年末に現在のリスボン条約が発効してその役割を終えたが、通貨統合のその後の段階的発展の道筋を決定し、政治統合の先駆けとしての共通外交安全保障条約などを採択して、今日の欧州統合の大きな一里塚となったのがこのマーストリヒト条約であった。

 ユーロ圏の国民は、今この条約の遺産に苦しんでいる。この条約には共通通貨導入の条件として財政赤字率が国民総生産の3%以下という厳しい条件が最初からつけられていたからである。緊縮財政による経済再建を厳しく迫られているギリシャやスペインなどの南欧諸国に、この条約以来のユーロ圏・EUの財政政策は大きな足かせとなっている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
渡邊啓貴
渡邊啓貴 東京外国語大学大学院総合国際学研究院教授。1954年生れ。パリ第一大学大学院博士課程修了、パリ高等研究大学院・リヨン高等師範大学校客員教授、シグール研究センター(ジョージ・ワシントン大学)客員研究員、在仏日本大使館広報文化担当公使(2008-10)を経て現在に至る。著書に『ミッテラン時代のフランス』(芦書房)、『フランス現代史』(中公新書)、『ポスト帝国』(駿河台出版社)、『米欧同盟の協調と対立』『ヨーロッパ国際関係史』(ともに有斐閣)『シャルル・ドゴ-ル』(慶應義塾大学出版会)『フランス文化外交戦略に学ぶ』(大修館書店)『現代フランス 「栄光の時代」の終焉 欧州への活路』(岩波書店)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順