ノーベル賞の法則

執筆者:フォーサイト編集部 2012年10月18日

 本日の更新記事は、塩谷喜雄さんの「ノーベル賞の『秘められた寓意』――日中韓に蔓延する事大主義を嗤う」です。順風満帆・国力隆盛な時期には栄誉はもたらされず、政治や経済が停滞・衰弱して、国力に翳りが見えた時に女神は微笑む、というノーベル賞の法則。もちろん価値のある賞ですが、過大な評価は禁物。それよりも「日本で研究した外国人」の受賞者を増やす努力をするべきです。

 「専門家の部屋」では、2本の新エントリ。

 「領土問題とナショナリズム」(アフリカ、平野克己さん):アフリカの国境線は、「先取」と「実効支配」の論理に基づく19世紀末のベルリン会議で引かれたもの。「日本固有の領土」という物言いに対する平野さんの違和感とは。

 「『金正男』はシンガポールで『金慶喜』と会ったのか」(朝鮮半島、平井久志さん):金正日総書記が、金日成主席に内緒で成蕙琳さんと結婚し、金正男氏が誕生した時に相談したのも張成沢・金慶喜夫妻でした。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順