建設現場から消えた大学生――北朝鮮「教育改革」の本気度

平井久志
執筆者:平井久志 2012年10月23日
カテゴリ: 国際 政治
エリア: 朝鮮半島

 北朝鮮で9月25日に開かれた最高人民会議で生徒たちを「無秩序に動員するな」という内容を含む法律が制定されたことは本サイトの「『経済改革』を前に身震いする金正恩後継体制(上)」で指摘した。この法律は北朝鮮の新たな義務教育年齢5歳から17歳の生徒を対象にしているとみられるが、最近の北朝鮮の報道を見ていると、大学生に対する「動員」にもブレーキが掛かっているとみられる。

 北朝鮮では10月10日は朝鮮労働党の創建記念日である。これに関連し、北朝鮮ではさまざまな工事が行なわれた。

 朝鮮中央通信は10月6日に崔龍海(チェ・リョンヘ)軍総政治局長が、人民軍が受け持っている平壌市の多くの重要建設状況を視察し、現地了解したと報じた。

 この報道では、崔龍海軍総政治局長が了解した建設事業は万景台遊園地、大城山遊園地、統一通り運動センター、万寿橋清涼飲料店、合掌江整理工事。平壌ではこれらの工事をすべて人民軍が担当して行なったことになる。

 朝鮮中央通信によると、崔総政治局長は「軍隊が受け持っている建設対象は金正恩(キム・ジョンウン)元帥が人民に与えるもうひとつの愛の結晶体である」とし「工法の要求を徹底的に守り、建設を遜色なく締めくくること」を強調した。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
平井久志
平井久志 ジャーナリスト。1952年香川県生れ。75年早稲田大学法学部卒業、共同通信社に入社。外信部、ソウル支局長、北京特派員、編集委員兼論説委員などを経て2012年3月に定年退社。現在、共同通信客員論説委員。2002年、瀋陽事件報道で新聞協会賞受賞。同年、瀋陽事件や北朝鮮経済改革などの朝鮮問題報道でボーン・上田賞受賞。 著書に『ソウル打令―反日と嫌韓の谷間で―』『日韓子育て戦争―「虹」と「星」が架ける橋―』(共に徳間書店)、『コリア打令―あまりにダイナミックな韓国人の現住所―』(ビジネス社)、『なぜ北朝鮮は孤立するのか 金正日 破局へ向かう「先軍体制」』(新潮選書)『北朝鮮の指導体制と後継 金正日から金正恩へ』(岩波現代文庫)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順