台湾からジミー・ライ=黎智英が去った日

野嶋剛
執筆者:野嶋剛 2012年10月24日

 台湾にいたこの週末、香港の企業家・黎智英(ジミー・ライ)が台湾における すべてのメディア事業を、台湾の中国信託・台湾プラスチックなどの企業連合に175億台湾ドルで売却することが決まったとのニュースが流れた。ある種の感 慨が胸に湧いてくると同時に、台湾の言論へのマイナスの影響について嫌な予感も覚えた。


香港で「ジョルダーノ」などのアパレルを成功させ、新聞・雑誌でも成功を収めてメディア王にもなった黎智英は、12年前に台湾に進出し、日刊紙「りんご日報」や週刊誌「壹週刊」などを相次いで立ち上げた。

台湾にはなかった「八掛(スキャンダル)」と「狗仔(パパラッチ)」の手法をひっさげて、台湾メディア界に文字どおり殴り込みをかけたのだが、その戦略は大成功し、あっという間に最大部数の新聞と週刊誌に成長した。

とにかく過激で面白いストーリーを載せる「りんご日報」と「壹週刊」は、特 派員として台湾にいたときも真っ先に開いてしまう新聞だった。両方で年間10億台湾ドル(30億円)の利益を稼ぎ出しているといわれた。この2つの活字媒 体の方は問題なかったのだが、2009年に満を持してテレビ進出のために創設した「壹電視」がなかなかうまく軌道に乗らず、放送免許をとったあとも放送するチャンネルが見つからずにネットだけでしか放送できず、ひたすら活字の黒字を食いつぶす存在になってしまった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
野嶋剛
野嶋剛 1968年生れ。ジャーナリスト。上智大学新聞学科卒。大学在学中に香港中文大学に留学。92年朝日新聞社入社後、佐賀支局、中国・アモイ大学留学、西部社会部を経て、シンガポール支局長や台北支局長として中国や台湾、アジア関連の報道に携わる。2016年4月からフリーに。著書に「イラク戦争従軍記」(朝日新聞社)、「ふたつの故宮博物院」(新潮選書)、「謎の名画・清明上河図」(勉誠出版)、「銀輪の巨人ジャイアント」(東洋経済新報社)、「ラスト・バタリオン 蒋介石と日本軍人たち」(講談社)、「認識・TAIWAN・電影 映画で知る台湾」(明石書店)、訳書に「チャイニーズ・ライフ」(明石書店)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順