グルジアの政変、「専門家の部屋」3本

執筆者:フォーサイト編集部 2012年10月29日

 本日の更新記事は、国末憲人さんの「『色の革命』は褪せたのか――旧共産圏の『民主化』と『親欧米』」です。2004年の「バラ革命」で誕生し、親欧米路線を進めてきたグルジアのサアカシヴィリ政権が総選挙で敗北。腐敗への批判が高まったためです。とはいえ政権交代は平和裏に行なわれ、「民主化」は少しずつ進んでいるという見方もできます。

 「専門家の部屋」では、3本の新エントリ。

 「ミャンマーの『中国離れ』は本当か」(東南アジア、樋泉克夫さん):「民主化」「中国離れ」「対中包囲網」――“アジアに残された最後のフロンティア”ミャンマーが持て囃されていますが、現実を冷静に分析するべきではないでしょうか。

 「本格的な成長期を迎えたインドの中古車市場」(インド、山田剛さん):現在、年間600万台前後のインド中古車市場。新車販売の1.6倍程度の規模ですが、これが年10―11%のペースで拡大すると見られています。

 「最高裁『トイレ』整備命令でわかったインド初等・中等教育のぜい弱さ」(インド、山田剛さん):学校におけるトイレの不備が子供たち、特に年長の女子児童が学校からドロップアウトしてしまう原因となっているインド。最高裁が整備命令を出しました。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順