イタリアを笑えない罪深き日本の地震学者――「安全宣言もどき」と「予知幻想」

執筆者:塩谷喜雄 2012年11月2日
カテゴリ: 国際 政治 社会
エリア: ヨーロッパ 日本
300人を超す犠牲者が出たラクイラ地震
(c)AFP=時事
300人を超す犠牲者が出たラクイラ地震 (c)AFP=時事

「予知に失敗した地震学者にイタリアで実刑判決」――新聞にこんな見出しが躍り、テレビのワイドショーでは、アナウンサーが「予知に失敗すると科学者は罪に問われるのでしょうか」などと、首をかしげて見せた。  10月22日、イタリア中部にあるラクイラの地方裁判所が下した判決について、日本のマスメディアの一部は、上記のようなトンデモ報道を繰り返した。地震国日本のメディアの、地震科学に対する恐るべき無知と無理解が、このニュースの伝え方に凝縮している。 「予知に失敗した学者」というフレーズ自体が、すでに明らかな誤報である。なぜなら、禁固6年の判決を言い渡されたイタリアの地震学者と防災当局者7人は、誰一人として地震予知などにかかわっていないからだ。予知の試みすらしていない。実行しておらず、意図すらしていない地震予知に、彼らが失敗することは、物理的にも論理的にも絶対不可能である。  今回、ラクイラ地裁で裁かれたのは、「予知の失敗」などではなく、「科学的根拠のない安全宣言もどき」によって地震被害を拡大させた罪(過失致死)である。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
塩谷喜雄 科学ジャーナリスト。1946年生れ。東北大学理学部卒業後、71年日本経済新聞社入社。科学技術部次長などを経て、99年より論説委員。コラム「春秋」「中外時評」などを担当した。2010年9月退社。
comment:3
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top