「日系人オカムラ」がチェコ大統領になる可能性

佐藤伸行
執筆者:佐藤伸行 2012年11月8日
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ

 中欧チェコの大統領と言えばまず、あの「ビロード革命」の立役者である故ハベル氏が思い浮かぶ。ビロード革命は、威厳ある平和的な行動によって抑圧的国家体制を葬り去ることができる人間の力を教えてくれた。
 ハベル氏の後を襲った現職のクラウス大統領は反ユーロの論客であり、欧州統合プロセスへの懐疑論者で知られる。毀誉褒貶にさらされてはいるものの、長年にわたって革命後のチェコの舵取りを担った重力は圧倒的である。そのクラウス大統領も今任期をもって退任し、来年1月、ビロード革命後3代目となる大統領を選ぶ投票が行なわれる。選挙は従来のような議会の間接選挙ではなく、チェコ史上初めて有権者の直接投票で実施されるもので、有力候補として首相経験のあるヤン・フィシェル氏やミロシュ・ゼマン氏らの名が挙がっているが、日本にはほとんど馴染みのないお歴々である。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
佐藤伸行 追手門学院大学経済学部教授。1960年山形県生れ。85年早稲田大学卒業後、時事通信社入社。90年代はハンブルク支局、ベルリン支局でドイツ統一プロセスとその後のドイツ情勢をカバー。98年から2003年までウィーン支局で旧ユーゴスラビア民族紛争など東欧問題を取材した。06年から09年までワシントン支局勤務を経て編集委員を務め退職。15年より現職。著書に『世界最強の女帝 メルケルの謎』(文春新書)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top