中国最高指導部人事は「胡錦濤の完敗」

執筆者:藤田洋毅 2012年11月13日
カテゴリ: 国際
エリア: 中国・台湾
習近平(右)率いる最高指導部人事で胡錦濤(左)は江沢民(中央)に完敗した(c)EPA=時事
習近平(右)率いる最高指導部人事で胡錦濤(左)は江沢民(中央)に完敗した(c)EPA=時事

「6対1! よくても5対2です。胡さんの完敗、江さんの完勝。それ以外、表現しようがないでしょう」――北京駐在の外交筋は、的確に表現した。  開催中の第18回中国共産党全国代表大会=第18回党大会(18大)を通じて決定する最高指導部、政治局常務委員の顔ぶれが、ほぼ固まったからだ。正式には党大会閉幕翌日の15日に開く第18期中央委員会第1回全体会議(1中全会)で決定、公表する。  トップの総書記に習近平(政治局常務委員、国家副主席)=カッコ内の肩書きは現職、以下同=、来春の第12期全国人民代表大会第1回会議で首相に就く李克強(政治局常務委員、筆頭副首相)が2番手は揺るがない。だが2人以外は、下馬評からどんでん返しの連続だったと複数の関係筋は一致した。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top