オバマ再選、インドではおおむね歓迎されているが…

執筆者:山田剛 2012年11月16日
カテゴリ: 国際 政治

 歴史上稀な全方位経済外交を推し進め、国益の最大化を目指しているインドは、決して相手国を表立って区別したり優先順位をつけたりすることはないが、対米関係が外交のトッププライオリティに位置付けられている、というのはもはや疑う余地はないだろう。

 印米協力は、歴史的な民生用原子力協力協定をはじめ、スーパーコンピューターや宇宙開発などのハイテク分野から農業、教育、そして対テロや軍事まで、きわめて幅広くかつディープである。その米国の次の4年間を担うトップに、現職のオバマ大統領が再選された。米国との戦略的協力関係がこれまで通り維持されることで、「友好国」インドの官民は再選をおおむね歓迎しているが、その一方でかねてから自国の雇用保護を重視し、インドへのアウトソーシング(業務委託)に批判的な立場をとってきたオバマ氏の続投には、印IT(情報技術)企業などから懸念の声も上がっている。

 オバマ氏再選のニュースに対し、大統領に転じたプラナブ・ムカジー氏の後任として古巣に復帰したチダムバラム財務相は「印米関係、とりわけ経済協力には良い影響が出る」と発言。インド商工会議所連盟(FICCI、日商に相当)のR・V・カノリア会長は「オバマ氏の再選は、印米の新たな戦略的関係の構築につながる」と賛辞を送り、高等教育や国防、内国安全保障、農業、そして原子力などの印米協力におけるオバマ政権の貢献を例に挙げ、高く評価した。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
山田剛 日本経済研究センター主任研究員。1963年生れ。日本経済新聞社入社後、国際部、商品部などを経て、97年にバーレーン支局長兼テヘラン支局長、2004年にニューデリー支局長。08年から現職。中東・イスラム世界やインド・南アジアの経済・政治を専門とする。著書に『知識ゼロからのインド経済入門』(幻冬舎)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順