中国と韓国に横たわる領土問題

執筆者:フォーサイト編集部 2012年11月21日

 鳩山由紀夫元首相は、衆院選に出馬しないようです。毎日新聞は「党内かき回し退場へ」「民主党政権迷走の象徴」と見出しを立てています。ずいぶんな言われようだなあ、とも思いますが、当たっていますね。実際にお目にかかると大変愉快な人ですが、総理にしてはいけない人でした。まあ、この人のことだけに、本当に不出馬となるのかどうかは、もう少し様子を見なければわかりませんが。

 本日の更新記事は、連載企画「中国の領土問題」の第2回、黒田勝弘さんによる韓国篇「『均衡外交』への憧れと対中国リアリズム」です。来るべき中朝国境紛争に備え、高句麗史という「歴史領土」の囲い込みを図る中国。領土と歴史が不可分であることを知る中韓両国は、国をあげての「歴史戦争」に突入しています。

 「専門家の部屋」では、「朝鮮半島」に「安哲秀の焦り――『韓国大統領選』難航する候補一本化」の新エントリ。来月行なわれる韓国大統領選。野党候補の文在寅陣営は、自身の支持率が上がったのに気を良くして、「安哲秀辞退説」を流布。反発する安氏との候補一本化が難航しています。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順