北朝鮮「政軍関係の軋み」で「ミサイル発射」の悪手(下)

平井久志
執筆者:平井久志 2012年12月5日
カテゴリ: 国際
エリア: 朝鮮半島

 北朝鮮の宇宙空間技術委員会スポークスマンが12月1日に発表した談話は、「偉大な領導者、金正日(キム・ジョンイル)同志の遺訓を高く奉じ、わが国自身の力と技術で製作した実用ロケットを打ち上げることになった」とし、「われわれの科学者、技術者たちは4月の衛星発射で現れた欠点を分析し、ロケットの信頼性と精密度を改善するための事業を深め、衛星を発射する準備ができた」と強調した。
 前述したように12月17日が金正日総書記の死亡1年目の日であり、この時期に「人工衛星」(長距離弾道ミサイル)を打ち上げ、金正日総書記の遺訓を実現し、金正恩(キム・ジョンウン)後継体制の存在を内外に誇示するものとみられる。

様々な兆候

 朝鮮中央通信は11月22日に、北朝鮮代表が同15日の国連総会で「宇宙開発計画に基づいて引き続き実用衛星を打ち上げる」と演説したと報じ、近く、人工衛星を打ち上げることを示唆していた。
 米国の偵察衛星も、北朝鮮が11月に入り東倉里のミサイル発射場で長距離弾道ミサイルの発射準備とみられる動きを活発化させているとし、この情報を日韓両政府などに通告していた。ミサイル本体も既に搬入されたとみられ、発射場では、けん引車や燃料関連とみられる車両による作業などが行なわれ、ミサイルは平壌郊外の山陰洞にある兵器工場から列車で移送され、発射場の組み立て施設内にあるとみられていた。
 韓国国防省は偵察衛星の情報などから北朝鮮が12月から来年1月の間にミサイルを発射する可能性が高いとし、米商業衛星大手のデジタルグローブ社は11月26日時点で3週間以内の発射も可能との見方を示していた。
 さらに、米ジョンズ・ホプキンズ大の北朝鮮分析サイト「38ノース」は同29日、早ければ12月6日にも長距離弾道ミサイルの発射が可能な状態となると指摘した。
 北朝鮮は4月13日にこの発射場で人工衛星「光明星3号」を打ち上げたが、直後に空中爆発し、失敗に終わった。しかし、その後もエンジンの燃焼実験を実施するなどミサイル開発を継続していた。
 北朝鮮は4月の「光明星3号」の打ち上げは金正日総書記の「遺訓」であるとしてきた。「光明星3号」の打ち上げは北朝鮮が「強盛大国の大門を開く」ことの象徴的なイベントになるはずだったが、失敗に終わった。その意味で、金正日総書記の1周忌前後に人工衛星を打ち上げ、何が何でも金正日総書記の遺訓を実現しようということであろう。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
平井久志
平井久志 ジャーナリスト。1952年香川県生れ。75年早稲田大学法学部卒業、共同通信社に入社。外信部、ソウル支局長、北京特派員、編集委員兼論説委員などを経て2012年3月に定年退社。現在、共同通信客員論説委員。2002年、瀋陽事件報道で新聞協会賞受賞。同年、瀋陽事件や北朝鮮経済改革などの朝鮮問題報道でボーン・上田賞受賞。 著書に『ソウル打令―反日と嫌韓の谷間で―』『日韓子育て戦争―「虹」と「星」が架ける橋―』(共に徳間書店)、『コリア打令―あまりにダイナミックな韓国人の現住所―』(ビジネス社)、『なぜ北朝鮮は孤立するのか 金正日 破局へ向かう「先軍体制」』(新潮選書)『北朝鮮の指導体制と後継 金正日から金正恩へ』(岩波現代文庫)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順