公選法はどこがダメか

執筆者:フォーサイト編集部 2012年12月12日

サイト・リニューアルに伴い、いろいろと不具合が生じていますが、何卒ご了承くださいませ。

 

まだ詳しい状況は報じられていませんが、北朝鮮はすでにミサイルを打ち上げた模様です。また、兵庫県尼崎市の連続変死事件の主犯とされる角田美代子被告が本日早朝、兵庫県警本部の留置場で自殺したようです。

 

本日の更新記事は、出井康博さんの「選挙中だからこそ『公選法のダメさ』を考えよう」です。いまだに公職選挙法の無意味かつ無駄な規定は手つかずのままで、インターネットを使った選挙運動の解禁は、みんなの党以外は後ろ向き。選挙期間中の今だからこそ、選挙のあり方を考え直すべきです。

 

 

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順