エジプトで起こっていること

執筆者:フォーサイト編集部 2012年12月14日

本日の更新記事は、池内恵さんの「中東―危機の震源を読む(82)エジプト新憲法制定の行方──新体制への『一般意思』は示されるか」です。12月15日、エジプトでは新憲法草案への賛否を問う国民投票が行なわれる予定です。与党勢力と、反ムルスィー大統領勢力の対立構造は複雑ですが、この記事を読むと、重要プレーヤーである司法関係者のエジプトならではの特異な立ち位置がよくわかります。11月22日のムルスィー大統領の憲法宣言は、大統領が独裁化しかねない要素をはらんでいるものの、司法府の暴走を未然に阻止するという意味では、それなりに合理性のあるものでした。

平井久志さんによる、北朝鮮のミサイル発射に関する記事を、本日中にアップロードする予定です。しばらくお待ちくださいませ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順