安倍政権誕生を尖閣問題解決の好機と指摘したタイ華字紙

樋泉克夫
執筆者:樋泉克夫 2012年12月24日

 自民党勝利、民主党惨敗に終わった今回の総選挙だったが、この「東南アジアの部屋」でしばしば取り上げているタイの華字紙「世界日報」は、12月18日に社説「安倍、強い首相になる。釣魚島危機は最初の挑戦だ」を掲げ、早速反応をみせた。総選挙結果に反映された日本の政治情況をどのように捉え、来るべき安倍晋三政権に何を求めているのか。要点をまとめると、以下の通りだ。

① 民主党の大敗、自民党の大勝の結果、新しい政党の誕生や少数政党の離合集散がみられるだろうが、その大部分が確固とした支持基盤を持たないがゆえに明確な政治勢力とはなりえず、「将来の比較的長期間、自民党が安定的に政権を維持することが予想される」。

② 民主党失敗の要因は、中心的指導者の大部分が自民党からの離脱組で、政党運営や政策に「旧い自民党色を残し」、民意の支持もえられず、徹底した政党改造もできず、結果として困難に陥った日本を救い出せるような新しい政治勢力にはなりえなかった。

 3年半ほど前に政権を獲得して後、党内の権力争いが絶えず、ことに小沢対反小沢の内紛に国民は嫌悪感を抱き、総選挙直前の小沢一郎派の離脱は民主党に大打撃を与えることとなった。民主党は政治意識の異なった集団の「連合体」であり、政策策定過程で共通認識を形成することが不可能であり、それに短命首相という条件が重なり、「政権崩壊は必然だった」。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
樋泉克夫
樋泉克夫 愛知大学教授。1947年生れ。香港中文大学新亜研究所、中央大学大学院博士課程を経て、外務省専門調査員として在タイ日本大使館勤務(83―85年、88―92年)。98年から愛知県立大学教授を務め、2011年より現職。『「死体」が語る中国文化』(新潮選書)のほか、華僑・華人論、京劇史に関する著書・論文多数。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順