中国人の強国意識をえぐる問題作『しあわせ中国』

野嶋剛
執筆者:野嶋剛 2013年1月4日
カテゴリ: 書評
エリア: 中国・台湾

 長く中国を取材していてよく感じた違和感の1つに、中国人の強国意識の矛盾があった。中国が大国であることは世界の誰も異存のないところだ。人口も面積も歴史も大国の名にふさわしい。ところが、これが強国かどうかとなると、議論百出、中国人の間でもはっきり意見が割れた。

 中国人自身の内面に歴史的経緯で埋め込まれた「強国ではない」という根深い劣等感があると同時に、近年の経済発展や軍備拡張によって「強国になった」という優越感が急激に拡大し、劣等感と優越感との間を揺れ動いていたからである。ところがここ数年はこうした「強国か否か」について、もはや中国人は悩むことがなくなったようだ。強国意識がすでに中国人の内面に矛盾なく定着したからである。

 こうした興味深い中国人の強国意識について、深い洞察の光を当てているのが、上海生まれの作家で、中国社会を風刺する政治小説で知られる陳冠中氏の作品「盛世中国・2013年」だ。このほど新潮社から邦題「しあわせ中国-盛世2013年-」として出版された。合わせて訪日した陳氏へのインタビューを行なった。

 

「描いた未来」が現実化

 この本が香港で最初に出版されたのは2009年。中国で禁書になった本が香港や台湾で売れている、というニュースが流れていたのを覚えている。そのときはざっと目を通しただけだったが、インタビューを前に改めて読んで驚かされたのは、本のなかで「仮想の未来」として設定されている中国の姿があまりにリアルであることだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
野嶋剛
野嶋剛 1968年生れ。ジャーナリスト。上智大学新聞学科卒。大学在学中に香港中文大学に留学。92年朝日新聞社入社後、佐賀支局、中国・アモイ大学留学、西部社会部を経て、シンガポール支局長や台北支局長として中国や台湾、アジア関連の報道に携わる。2016年4月からフリーに。著書に「イラク戦争従軍記」(朝日新聞社)、「ふたつの故宮博物院」(新潮選書)、「謎の名画・清明上河図」(勉誠出版)、「銀輪の巨人ジャイアント」(東洋経済新報社)、「ラスト・バタリオン 蒋介石と日本軍人たち」(講談社)、「認識・TAIWAN・電影 映画で知る台湾」(明石書店)、訳書に「チャイニーズ・ライフ」(明石書店)。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順