中国で「網絡反腐」への押さえ込みが始まった

野嶋剛
執筆者:野嶋剛 2012年12月28日
カテゴリ: IT・メディア
エリア: 中国・台湾

 先週から今週にかけて、中国で官報系メディア、いわゆる「党の舌」の役割を担っている人民日報などが相次いでネット言論の規制強化をにおわせる論評を載せた。新しい法体系の必要性を唱え、事実に基づいた言論が大切だという論議を呼びかけている。しかし、その裏には、中国で習近平体制の発足後、「網絡反腐」(ネットを通じた反腐敗運動)が広がっていることから、その動きを押さえ込もうという思惑があると見られている。

 重慶市の地方幹部の破廉恥な行為が、中国版ツイッター「微博」を通じて11月にネットに流出し、ネット住民たちから「網絡反腐」の成功例としてがぜん注目を集め、その後もネット上にさまざまな事例が「告発」されていった。

 これに対し、今月23日の共産党機関紙人民日報は「限界線があってこそ、健全になれる」との記事を掲載。さらに相次いで、「ウエブは治外法権の地ではない」「インターネット:法律による管理が各国の常識だ」という記事を掲載した。

 また、党中央宣伝部直轄の光明日報も「情報を安全に保護する大きな傘を持つのは誰か」「ウエブの世界に法治の限界線を設けよ」などの文章を載せている。そこにはこう書かれている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
野嶋剛
野嶋剛 1968年生れ。ジャーナリスト。上智大学新聞学科卒。大学在学中に香港中文大学に留学。92年朝日新聞社入社後、佐賀支局、中国・アモイ大学留学、西部社会部を経て、シンガポール支局長や台北支局長として中国や台湾、アジア関連の報道に携わる。2016年4月からフリーに。著書に「イラク戦争従軍記」(朝日新聞社)、「ふたつの故宮博物院」(新潮選書)、「謎の名画・清明上河図」(勉誠出版)、「銀輪の巨人ジャイアント」(東洋経済新報社)、「ラスト・バタリオン 蒋介石と日本軍人たち」(講談社)、「認識・TAIWAN・電影 映画で知る台湾」(明石書店)、訳書に「チャイニーズ・ライフ」(明石書店)。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順