2013年の民主主義(下)「政党からこぼれ落ちたもの」の行方

2013年1月3日
カテゴリ: 国際 政治 社会
 渡辺靖氏(左)と宇野重規氏(写真はすべて新潮社)
渡辺靖氏(左)と宇野重規氏(写真はすべて新潮社)

渡辺靖 2009年の総選挙の前に日本を研究しているアメリカの政治学者と話したのですが、「もう日本の政治はよくわからない。もはや政治学ではなく人類学でないと分析できない」と言っていました。もちろんこれは皮肉で、人類学に振られても困りますが(笑)、日本の政治学が政治をきちんと捉えられていないのではないかという印象は私も密かに抱き続けています。そのへんはどうでしょうか。あと、「国民が政治を動かしていく」という話はよく聞きますが、本当にそれは可能なのでしょうか。そんなシステムが機能している国というのはあるのでしょうか。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:2
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top