国際論壇レビュー
国際論壇レビュー

東アジアの「無人機軍拡競争」と日本における「民主主義の硬化症」

会田弘継
執筆者:会田弘継 2013年1月21日
カテゴリ: 国際 外交・安全保障

 いまや、世界を揺るがす軍事衝突の懸念の対象は、アメリカ・イスラエルによるイラン攻撃、シリア内戦への欧米の軍事介入の2つに次いで、尖閣をめぐる日中の交戦だ。日本人は「まさか」と思うが、世界の目を冷静に見つめ返そう。英紙「フィナンシャル・タイムズ(FT)」は年末12月30日の特集「2013年の幕開け」で、今年起こる可能性の1つに日中軍事衝突を挙げて東京特派員に予測を書かせている。答えは「No」だが、日中ともに右派の指導者が生まれ「仮に流血が起きたとすれば、国際的危機だ」。世界の目に、日中軍事衝突は「想定外」ではなくなっている。【Raising the curtain on 2013, The Financial Times, Dec. 30】

 

中国の宣伝戦に負ける日本

  1月7日付の豪保守系紙「オーストラリアン」は紛争防止活動を行なう国際NGO「国際危機グループ」の北東アジア担当者による寄稿「日中のための平和的解決法」を載せた。昨年12月13日の中国国家海洋局の小型プロペラ機による尖閣領空侵犯に対し、日本が「F15戦闘機8機」を緊急発進させたのは「軍隊による初の直接関与」で「世界の2位、3位の経済大国間の領土紛争は、新たな不穏な段階に入った」と、寄稿は見る。日本が先に軍事的関与を始めた。これが世界的な視点になっていることは、気にとめておくべきだ(中国の宣伝戦に負けている)。【Peaceful Way Out For China And Japan, The Australian, Jan. 7】

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
会田弘継
会田弘継 青山学院大学地球社会共生学部教授、共同通信客員論説委員。1951年生れ。東京外国語大学英米科卒。共同通信ジュネーブ支局長、ワシントン支局長、論説委員長などを歴任。2015年4月より現職。著書に本誌連載をまとめた『追跡・アメリカの思想家たち』(新潮選書)、『戦争を始めるのは誰か』(講談社現代新書)、訳書にフランシス・フクヤマ『アメリカの終わり』(講談社)などがある。
comment:3
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順