ユーゴの雪解け、マリとフランス

執筆者:フォーサイト編集部 2013年1月24日

本日の更新記事は、大野ゆり子さんの「行き先のない旅(94)旧ユーゴ『長きにわたる反目』を解きほぐす演奏会」です。大野さんがクロアチアのザグレブに住んでいた頃、付き合っていた友人。現在ではザグレブフィルハーモニー管弦楽団の代表になり、セルビア、スロベニアの楽団代表者ふたりと綿密に連携しあいながら、昨春、エポックメーキングな演奏会企画を実現させました。旧ユーゴで少しずつ進む雪解けの光景です。

「専門家の部屋」では、「ヨーロッパ」に「称賛から一転、不安渦巻くフランスの『マリ単独介入』」(国末憲人さん)の新エントリ。当初はその決断が称賛を浴びたフランス軍によるマリへの軍事介入ですが、アメリカやドイツなどは介入に及び腰。「孤立」が際立つ形となり、フランス国内でも批判の声が高まっています。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順