ロシアは「北朝鮮問題」で日米韓に傾斜

名越健郎
執筆者:名越健郎 2013年2月14日
カテゴリ: 国際
エリア: ロシア 朝鮮半島

 2月12日の北朝鮮による3回目の核実験で、北朝鮮が米中に加えて、ロシアに事前通告したかどうかで情報が錯綜した。通告がなかったなら、核超大国としてのロシアのメンツが立たず、朝鮮半島のプレーヤーとして格落ちとなる。

 インタファクス通信によれば、ロシア外務省筋は12日、「北朝鮮は米中両国に対し、核実験実施を日時などには触れず事前通報した。そのような事前通告はロシアにはなかった」と語った。その後、外務省高官はこの情報を否定。「ロシアにも事前通報があった。この種のことを大々的に公表する必要はないと考えた」と述べた。韓国の聯合ニュースも、北朝鮮が核実験の14時間前に米中露に通報していたと報じていた。

 2006年の最初の核実験で、北朝鮮は実施の4時間前に中国にだけ伝達。09年の2回目では、30分前に中国に伝え、その5分後に米国に知らせていた。過去2回はロシアに通報しなかった。今回通告があったにしても、これまでの無視は、核大国・ロシアの威信を傷つけたに違いない。

 核実験に対するロシアの声明は日米韓と同様に厳しい内容で、ウシャコフ大統領府報道官は、「北朝鮮がこうした挑発をやめ、核・ミサイル開発を中止し、核拡散防止条約(NPT)体制に復帰するよう要求する」とし、プーチン大統領は情勢を詳細に追っていると付け加えた。ロシア外務省も、「国連安保理決議違反」と非難し、核・ミサイル開発の放棄を要求した。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順