行き先のない旅
行き先のない旅(17)

ユーロスターで愛を育む英仏カップルの「ある難関」

大野ゆり子
執筆者:大野ゆり子 2004年10月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ

 熱愛中のカップル、イギリス人女性Cとフランス人男性Fの恋が、次のステージに移行した。ともに四十代、独身。それぞれロンドンとパリで責任ある仕事をしている彼らの遠距離恋愛を支えてきたのが、二つの都市を約三時間で結ぶ超高速列車、ユーロスターである。十年前に英仏海峡トンネルが開通した時には、英国タブロイド紙が「フランスから乱れた文化が入る」と煽り、仏紙は「英国に買うものはない」と書きたてたそうだが、地続きになるという心理的効果は大きく、人の往来は確実に増えてきている。北フランスのユーロスター停車駅であるリール市などでは、日用品をたくさん買い求めにくるロンドン市民を大勢見かける。 この夏、CとFはお互いを自分の両親に紹介することにした。これが予想外の大仕事だったという。ユーロスターで愛を育む世代とは違って、双方の親の世代にとっては、英国とフランスの溝はまだまだ深いらしいのだ。 最近はあまり使われないようだが、挨拶なしに無断で退席することを、英語でtake French leaveという。十八世紀のフランスで、招待客が主人側に挨拶せずに帰宅した習慣に由来するといわれるが、同様のフレーズをフランス語ではfiler a l'anglaiseといい、英国流に逃げるという言い方をする。お互い、相手の方が礼儀を欠いていると思う歴史があったから、こういう表現が生まれたのだろうが、恋人たちにとっては、両国に根強く残るこうした不信感は頭の痛い問題である。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
大野ゆり子
大野ゆり子 エッセイスト。上智大学卒業。独カールスルーエ大学で修士号取得(美術史、ドイツ現代史)。読売新聞記者、新潮社編集者として「フォーサイト」創刊に立ち会ったのち、指揮者大野和士氏と結婚。クロアチア、イタリア、ドイツ、ベルギー、フランスの各国で生活し、現在、ブリュッセルとバルセロナに拠点を置く。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順