塀の中の執務室

名越健郎
執筆者:名越健郎 2004年10月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中東

 ヨルダン川西岸のパレスチナ自治区では、イスラエルによる6―8メートルの防護壁が突貫工事で建設中だ。インティファーダ(反イスラエル民衆蜂起)に出撃するパレスチナ人テロリストを封じ込めるのが目的。 これによって、イスラエルでのテロは激減したが、壁の中に閉じ込められるパレスチナ人の閉塞感も大変なものだ。壁の外に出るには、イスラエル当局の厳重な検問を通過する必要があり、長蛇の列ができる。 しかし、パレスチナ人は中東有数のジョークの達人。「壁の中」ではイスラエルを皮肉るジョークで憂さを晴らしている。 英国人、フランス人、イスラエル人、パレスチナ人が乗った旅客機が突然、墜落し始めた。機長が叫んだ。「重量オーバーです。どなたか犠牲になってください」。 まず、英国人が「女王陛下に栄光あれ」と叫んで飛び降りた。 次に、フランス人が「フランス万歳」と叫んで飛び降りた。 すると、イスラエル人が「アラー・アクバル(神は偉大なり)」と叫んでパレスチナ人を放り投げた。 コーヒーカップに虫が入った時。 英国人は、カップを投げ捨てる。 米国人は、虫を捨ててコーヒーを飲む。 中国人は、コーヒーを捨てて虫を食べる。 パレスチナ人は、コーヒーと虫を飲み込む。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順