「マンデラの右腕」ラマポーザの政界復帰で南アは変わるか

平野克己
執筆者:平野克己 2013年2月19日
 ANC総裁の続投が決まったズマ大統領(右)と新たに副総裁に選出されたラマポーザ氏(c)AFP=時事
ANC総裁の続投が決まったズマ大統領(右)と新たに副総裁に選出されたラマポーザ氏(c)AFP=時事

 2012年12月に南アフリカの与党であるアフリカ民族会議(ANC)の党大会が開かれ、圧倒的多数でジェイコブ・ズマ総裁の続投が決まった。南アフリカでは来年総選挙が行なわれるが、ズマが引き続き大統領を務めることが、実質上決まったのである。

 ズマは評価が難しい人物だ。現在彼には4人の妻がいて、うち3人とは大統領になってから結婚している。外務大臣からAU(アフリカ連合)委員会議長に転身したドラミニ=ズマは2番目の妻だが、1999年に離婚した。婚外子を含めて20人以上の子供がおり、1億円を超える扶養手当を受給している。南アフリカでは民法規定の多くが民族ごとの慣習法に任されているから複婚は違法ではないが、こんな大統領は世界でもアフリカでも珍しい。

 ズマは南アフリカ最大のエスニック集団であるズールー人だ。アフリカには2000ともいわれるおびただしい数の言語があるが、その言語集団にはわずか数百人の部族もいれば、ズールーのように1千万を超える大集団もいる。ズールーは、19世紀に登場したシャカ王のもとで成立した軍事国家が次々と周辺部族を吸収した結果生まれた集団だから「ネイション」と呼ぶのが正確だろう。南アフリカの民主化交渉における最大の抵抗勢力は白人右翼よりもズールーだったのである。ズールーには強い影響力をもつ王家が存在し、ズールー民族政党の「インカタ自由党」はANC主導の民主化に最後まで抵抗した。ズールー懐柔のために登用されたのが、ANCのなかで最高ポストに就いていたズールー人、ズマだった。彼はマンデラ政権ではANCの国民議長、次のムベキ政権では副大統領にまで昇進した。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
平野克己
平野克己 1956年生れ。早稲田大学政治経済学部卒、同大学院経済研究科修了。スーダンで地域研究を開始し、外務省専門調査員(在ジンバブエ大使館)、笹川平和財団プログラムオフィサーを経てアジア経済研究所に入所。在ヨハネスブルク海外調査員(ウィットウォータースランド大学客員研究員)、JETRO(日本貿易振興機構)ヨハネスブルクセンター所長、地域研究センター長などを経て、2015年から理事。『経済大陸アフリカ:資源、食糧問題から開発政策まで』 (中公新書)のほか、『アフリカ問題――開発と援助の世界史』(日本評論社)、『南アフリカの衝撃』(日本経済新聞出版社)など著書多数。2011年、同志社大学より博士号(グローバル社会研究)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順