政治をゼロから考える
政治をゼロから考える(15)

「日本人は政治に無関心」は本当か

宇野重規
執筆者:宇野重規 2013年2月25日
カテゴリ: 政治
エリア: 日本

質問 「日本人は政治に関心がないのでしょうか」

 

 日本人は政治に関心がないのでしょうか。実際、昨年末の総選挙では、投票率が60%を切り、戦後最低を記録しました。前回2009年の総選挙と比べても、10%近く数字が下落しています。もっとも、1996年や2003年も同水準ですので、その頃に戻ったというべきかもしれません。

 戦後、衆院選の投票率は60%代後半から70%以上で推移していました。これが、90年代以降に低下を見せ、2000年代にやや持ち直したものの、再び低い水準に落ちています。とくに深刻なのは若者で、20代の投票率をみると、30%から40%と極端に低い水準にあります。

 一般的にいうと、人は若い頃に身についた習慣を、その後も維持することが多いのですが、投票行動についても同じことがいえます。かつての安保闘争など、若い頃に政治の季節を経験した人はその後も政治に関心をもつ傾向があるのに対し、ひとたび投票に行かない習慣が身につくと、その後もそのままということになりがちです。

 そうだとすれば、現在でこそ投票率が相対的に高い高齢者層も、いずれ世代が変われば、選挙から足が遠のくことになりそうです。日本の民主政治にとって、由々しい事態といわざるをえません。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
宇野重規
宇野重規 1967年生れ。1996年東京大学大学院法学政治学研究科博士課程修了。博士(法学)。東京大学社会科学研究所教授。専攻は政治思想史、政治哲学。著書に『政治哲学へ―現代フランスとの対話』(東京大学出版会、渋沢・クローデル賞ルイ・ヴィトン特別賞)、『トクヴィル 平等と不平等の理論家』(講談社、サントリー学芸賞)、『〈私〉時代のデモクラシー』(岩波新書)、共編著に『希望学[1]』『希望学[4]』(ともに東京大学出版会)などがある。
comment:5
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順