対露外交にも「ミスターX」出現?

2004年11月号
カテゴリ: 国際 外交・安全保障
エリア: ロシア 日本

 外務省の田中均外務審議官の動向がロシアとの平和条約交渉で注目を集めている。田中氏は、十月初めに来日した、プーチン大統領の側近中の側近といわれるビクトル・イワノフ大統領補佐官との間で、来年三月ともいわれているプーチン大統領の訪日に向け、裏折衝を行なうのではないかとの観測が流れているためだ。 イワノフ補佐官は本誌十月号でも指摘したように、KGB(旧ソ連国家保安委員会)出身でサンクトペテルブルク時代にプーチン大統領と知り合ったといわれている大統領の黒衣役。今回の来日も外務省の招待で日本の人事制度を視察するというのが表向きの名目だが、大統領訪日に向けて、北方領土問題での日本側の出方を見極めるのが狙いとみられる。 一方、田中審議官は、北朝鮮の金正日総書記につながるミスターXと呼ばれる人物と秘密交渉を行なった。イワノフ補佐官が「ミスターXのロシア版」に擬せられる可能性もある。 ただ、イワノフ補佐官の来日が事前にロシアのマスコミに漏れたことから、「先方は完全に田中氏を信頼しているわけではない」(外務省筋)とも言われている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順