「ナポリの法王」

星野 智幸
執筆者:星野 智幸 2013年2月27日
カテゴリ: スポーツ 文化・歴史
エリア: ヨーロッパ 中南米

 ローマ法王があす退位する。間もなく新しいローマ法王が誕生するだろうが、サッカー界のスター選手の中にも、かたずをのんで見守っている者たちが少なからずいるにちがいない。というのも、サッカー強豪国はじつはカトリックが多いのだ。ブラジル、アルゼンチン、スペイン、イタリア、ポルトガル等々。いわゆるラテン諸国である。

 

ローマ法王を批判したマラドーナ

 たとえば、マラドーナである。アルゼンチン出身のディエゴ・マラドーナはカトリック教徒であり、その地域の誰もが自然にそうなるように、ローマ法王に畏敬の念を抱いていた。ところが、実際にヨハネ・パウロ2世と謁見したとき、メディアに向かって次のような批判を口にすることになる。

「バチカンに行って、金でできた天井を見たあとで、ローマ法王が法王庁は貧しい子供たちを心配しているとか言ってるのを聞いた。でもよ、それなら高価な天井を売るとか何とかしろってんだ!」(『マラドーナ自伝』幻冬舎)

 カトリックの世界では大スキャンダルである。あのマラドーナが法王庁を罵ったのだから。

 この背景の一つは、マラドーナがイタリア南部のクラブ、ナポリの選手だったことだ。ナポリはそれまで万年降格争いの弱小チームだったが、マラドーナの加入によって、リーグ優勝2回、2位2回、イタリア杯優勝1回、UEFAカップ優勝1回という輝かしい戦績を収める。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
星野 智幸
星野 智幸 作家。1965年ロサンゼルス生れ。早稲田大学第一文学部を卒業後、新聞記者をへて、メキシコに留学。1997年『最後の吐息』(文藝賞)でデビュー。2000年『目覚めよと人魚は歌う』で三島由紀夫賞、2003年『ファンタジスタ』で野間文芸新人賞、2011年『俺俺』で大江健三郎賞を受賞。著書に『ロンリー・ハーツ・キラー』『アルカロイド・ラヴァーズ』『水族』『無間道』などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順