ナポリの法王・マラドーナ

執筆者:フォーサイト編集部 2013年2月27日

イタリア総選挙は上院で緊縮策支持派が過半数を得られず、ユーロ危機再燃の可能性が。スキャンダルまみれで死に体だったはずのベルルスコーニ前首相は、モンティ首相の緊縮策を批判し大健闘しました。それにしてもなぜ、この人の人気は衰えないのか? 3年半ほど前の記事ですが、大野ゆり子さんが「行き先のない旅(76)神父か、はたまたカサノヴァか イタリア首相に見る『お国柄』」で、ベルルスコーニ氏の人気の構造とイタリアのお国柄についてお書きになっています。

本日の更新記事は、星野智幸さんの「世界で起こることはすべて、サッカーでも起こる(2)ナポリの法王」です。かつてナポリに数々の栄光と誇りをもたらしたマラドーナ。法王のような影響力はアルゼンチン代表監督になっても変わりませんでした。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順