中国が「海の突破口」を目指す地政学的「心象風景」

2013年3月1日
カテゴリ: 外交・安全保障
エリア: 中国・台湾

 日本は、国の全周が海に面している島嶼国家であり、海岸線の長さが世界第6位(約29,000km)で、しかもはるか東に太平洋が開けているので排他的経済水域の面積も世界第6位(領海+EEZ=約447万k㎡)と広い。

 他方中国の領土は、面積がアジア第1位、世界第3位、海域は広大で、北から南へ渤海、黄海、東シナ海、南シナ海に至る。大陸の海岸線18,000kmに面積500㎡以上の約6,500の島など島嶼部性の高い海岸線14,000kmを加えると、全長は約32,000kmとなる。しかし排他的経済水域は、世界第15位(領海+EEZ=約87万k㎡)である。

 排他的経済水域は、自国の沿岸から200海里、および大陸棚を含めて設定し、他国との競合が生ずるケースでは、「中間線」(2012年3月14日:国際海洋法裁判所のミャンマーとバングラデシュの対立調停)としているのだが、中国および韓国は、国益に適う都合のいい線引きをして、「中間線」と「大陸棚自然延長論」の二重規範を主張している。主張が一方的であると、国益、わけても資源の占有が衝突の火種となる。しかし、「共有・共同」を可能とする糸口を見出す期待と希望はゼロではないだろう。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順