「イチローの笑顔」を生んだアメリカの「受容」という美質

執筆者:梅田望夫 2004年11月号

 十月でアメリカにやってきて十年になる。シリコンバレー生活二年目が終わる頃から始め、休まず続けてきたこの連載も九年目に入り、今回も含めあと三回で百回となる。一九九七年に興したミューズ・アソシエイツは早いもので八年目に入り、二〇〇〇年に共同創業したパシフィカファンドというベンチャーキャピタルは五年目に入った。この二つの仕事を立ち上げるにあたっての経緯や葛藤については、この連載でもずいぶん詳しく書いてきた。「渡米した時に、シリコンバレーでの起業を計画していたのか」とよく問われるのだが、勤めていた米国企業の本社への転籍という形でシリコンバレーにやってきた私には、異国の地で起業する自信など微塵もなかった。新しい環境でベストを尽くしてサバイバルするという以上の計画など持つべくもなかったのだ。しかし後から振り返れば、渡米からわずか二年半で会社を辞めている。アメリカが、シリコンバレーが私を変えていったのである。 ところで「アメリカの十月」といえば、プレイオフからワールドシリーズへと興奮の毎日が続くメジャーリーグ・ファンにとっては特別な月である。でも私が渡米した一九九四年は、ストライキで試合のない「寂しい十月」だった。日本の野球界、日本のメディアから徹底的に「裏切り者」呼ばわりされた先駆者・野茂英雄が孤独に渡米したのは、それから程なくしてのことだった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
梅田望夫 1960年東京都生れ。94年渡米、97年コンサルティング会社ミューズ・アソシエイツを起業。著書に『ウェブ進化論』(ちくま新書)、『ウェブ時代をゆく』(同)、『ウェブ時代 5つの定理』(文藝春秋)、『ウェブ人間論』(共著、新潮新書)など。メジャーリーグの野球、そして将棋の熱烈なファン。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順