尖閣問題が呼び起こす中国「抗日映画」ブーム

野嶋剛
執筆者:野嶋剛 2013年3月6日
カテゴリ: 国際 文化・歴史
エリア: 中国・台湾

 日中が領有権を主張しあう尖閣諸島情勢は軍機や軍船が周辺海域で張り合い、きな臭いムードが漂う。中国国内では「戦いに備えよ」といった勇ましい議論すら広がっている。そんななか、中国では映画やドラマで「抗日」作品ブームが起きているという。尖閣諸島問題が呼び起こす世相とも言える動きだが、抗日作品の洪水でいっそう反日気分がかき立てられる恐れもある。

 

 「1日で8回殺された」

 抗日映画で日本への憎しみが再生産されるのか(昨年9月、上海の反日デモ)(C)時事
抗日映画で日本への憎しみが再生産されるのか(昨年9月、上海の反日デモ)(C)時事

 中国最大の撮影スタジオ、横店影視城。浙江省東陽市横店鎮にあり、「チャイナ・ハリウッド」とも呼ばれる。上海から車で1時間と近く、映画テーマパークとして大勢の観光客も受け入れている。

 中国では抗日作品を「抗日片」と呼ぶ。日本兵を指す「日本鬼子(リーペン・クイズ)」から「鬼子片」と言うこともある。いま、その抗日作品の多さから、横店影視城は「抗日根拠地」と冗談半分で呼ばれたりもするという。

 広東省の新聞・羊城晩報の記事によれば、横店影視城では2012年に150の撮影チームが映画やドラマの撮影を行なったが、そのうち48チームが抗日関係の作品を撮影したというから驚きだ。同年に用いた群衆演員(日本でいうエキストラ)は総勢30万人いて、うち60%が日本兵の役割。映画の中で1年間に殺された日本兵は10億人に達するともいう。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
野嶋剛
野嶋剛 1968年生れ。ジャーナリスト。上智大学新聞学科卒。大学在学中に香港中文大学に留学。92年朝日新聞社入社後、佐賀支局、中国・アモイ大学留学、西部社会部を経て、シンガポール支局長や台北支局長として中国や台湾、アジア関連の報道に携わる。2016年4月からフリーに。著書に「イラク戦争従軍記」(朝日新聞社)、「ふたつの故宮博物院」(新潮選書)、「謎の名画・清明上河図」(勉誠出版)、「銀輪の巨人ジャイアント」(東洋経済新報社)、「ラスト・バタリオン 蒋介石と日本軍人たち」(講談社)、「認識・TAIWAN・電影 映画で知る台湾」(明石書店)、訳書に「チャイニーズ・ライフ」(明石書店)。
comment:4
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順