中国「抗日映画」ブーム

執筆者:フォーサイト編集部 2013年3月6日

本日の更新記事は、野嶋剛さんの「尖閣問題が呼び起こす中国『抗日映画』ブーム」です。当局の審査も緩やかな上、高視聴率も稼げる「抗日映画」が中国で大ブーム。日中関係の悪化がそれに拍車をかけ、日本への憎しみが再生産されるという構図です。

「専門家の部屋」では、「中南米」に「後継が定まったキューバ・カストロ体制」(遅野井茂雄さん)の新エントリ。キューバは80代のラウル・カストロ議長が5年後の引退を表明。任期中にもしものことがあれば、52歳のミゲル・ディアス=カネル第1副議長が後継として職務に就く体制が整いました。同氏はチャベス大統領が死亡したベネズエラ政府首脳とも強い接点を持つとみられています。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順