韓国新政権を読む(上)「閣僚不在」苦難のスタート

平井久志
執筆者:平井久志 2013年3月7日
カテゴリ: 国際
エリア: 朝鮮半島
 2月25日、ソウルで行なわれた就任式で宣誓する朴槿恵韓国大統領 (C)EPA=時事
2月25日、ソウルで行なわれた就任式で宣誓する朴槿恵韓国大統領 (C)EPA=時事

 朴槿恵(パク・クネ)氏が2月25日、韓国の第18代大統領に就任した。韓国で初めての女性大統領であり、故朴正煕(パク・チョンヒ)大統領を父に持つ韓国史上初めての父娘大統領の誕生だった。

 朴槿恵氏は昨年12月19日の大統領選挙で民主統合党の文在寅(ムン・ジェイン)候補に約108万票の差をつけて勝利した。朴槿恵大統領は李明博(イ・ミョンバク)政権の5年間を見ながら、国民の間で広がる格差や将来への不安などをくみ取り、これまでは進歩勢力が主張していた「福祉」「格差の是正」「中間層の復権」などを公約に取り込み、政権獲得に成功した。外交安保政策でも北朝鮮強硬論一辺倒で終わった李明博政権の失敗を見て、強力な安保体制の構築とともに、北朝鮮との信頼を積み上げるという対話姿勢を示した。

 朴槿恵氏といえば「保守の典型」と見られてきたが、見事にモデルチャンジを果たし、進歩陣営の政策を取り込む柔軟性を見せた。

 しかし、その朴槿恵大統領が政権発足後、閣僚も決まらないという苦境に立たされている。野党の反対で政府組織法の改正ができないため、閣僚も任命できず、立ち往生という状況だ。朴槿恵大統領は、新設する未来創造科学部(韓国の「部」は日本の「省」に相当)に放送通信委員会の一部機能を移管するとしたが、野党側は未来創造科学部が放送振興政策を担当することは放送を政府のコントロール下に置こうするものと強く反対している。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
平井久志
平井久志 ジャーナリスト。1952年香川県生れ。75年早稲田大学法学部卒業、共同通信社に入社。外信部、ソウル支局長、北京特派員、編集委員兼論説委員などを経て2012年3月に定年退社。現在、共同通信客員論説委員。2002年、瀋陽事件報道で新聞協会賞受賞。同年、瀋陽事件や北朝鮮経済改革などの朝鮮問題報道でボーン・上田賞受賞。 著書に『ソウル打令―反日と嫌韓の谷間で―』『日韓子育て戦争―「虹」と「星」が架ける橋―』(共に徳間書店)、『コリア打令―あまりにダイナミックな韓国人の現住所―』(ビジネス社)、『なぜ北朝鮮は孤立するのか 金正日 破局へ向かう「先軍体制」』(新潮選書)『北朝鮮の指導体制と後継 金正日から金正恩へ』(岩波現代文庫)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順