移民大陸・欧州に学ぶ フランスはあくまでイスラム系移民「同化」を目指す

国末憲人
執筆者:国末憲人 2004年11月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ

共和国「フランス」の理念を受け入れるか否か。人口の一割近くを占めるイスラム系移民の扱いに悩む政府の対策は―― 猛烈な仕事ぶりと派手なパフォーマンスで人気を集め、シラク大統領の後継者の有力候補にまでのし上がってきたニコラ・サルコジ財務相は、内相時代の昨年五月、ルモンド紙の論壇でイスラム系移民の同化問題についてこう論じた。「『フランス共和国の基本理念とイスラム教とは両立しない』などと決めつけるのは、差別意識に根ざした発想だ。他の宗教を信じる人々と何ら異なる点はない」 イスラム系移民やその子孫も政教分離や男女平等といったフランスの理念を受け入れ、仏社会に同化することができる。イスラム教は妨げとならない――。サルコジ氏がそう考えるのは、彼自身が移民の子孫として仏社会に同化した自信に基づくからに違いない。 内相時代、不法移民に対する強硬派として鳴らしたサルコジ氏が、実はハンガリー移民の二世であることは仏国内で知らない人はいない。しかし、そのことを意識する人もほとんどいないだろう。この先彼が大統領選に立候補しても、移民二世であることはハンディにならないとみられる。彼はフランスの価値観を全面的に受け入れ、「フランス人」としてのアイデンティティーを確立していると見なされるからだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
国末憲人
国末憲人 1963年生れ。85年大阪大学卒。87年パリ第2大学新聞研究所を中退し朝日新聞社に入社。富山、徳島、大阪、広島勤務を経て2001-04年パリ支局員。外報部次長の後、07-10年パリ支局長を務め、GLOBE副編集長、本紙論説委員のあと、現在はGLOBE編集長。著書に『自爆テロリストの正体』(新潮新書)、『サルコジ―マーケティングで政治を変えた大統領―』(新潮選書)、『ポピュリズムに蝕まれるフランス』『イラク戦争の深淵』(いずれも草思社)、『ポピュリズム化する世界』(ダイヤモンド社)、共著書に『テロリストの軌跡―モハメド・アタを追う―』(草思社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順