インテリジェンス・ナウ
インテリジェンス・ナウ

“不発”に終わった「行方不明の爆薬」事件

春名幹男
執筆者:春名幹男 2004年12月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中東 北米

 十月二十四日、日曜日の夜、米CBSテレビのニューズマガジン「60ミニッツ」のプロデューサー、ジェフ・フェーガー氏にニューヨーク・タイムズ紙のビル・ケラー編集局長から電話があった。「われわれは月曜日に行きますよ」 こうして翌二十五日付の同紙に、バグダッドの南方約五十キロの旧イラク軍アルカカー基地の爆薬貯蔵庫から、約三百八十トンの高性能爆薬が、米軍のイラク侵攻後に行方不明になった、との特ダネ記事が掲載された。 直ちにこの記事を確認する形で、国際原子力機関(IAEA)は、爆薬三百四十トン以上が行方不明、との事実を記者発表した。 行方不明になった爆薬は、HMX百九十五トンとRDX百四十一トンなど。ニューヨーク・タイムズの記事とIAEAの発表で爆薬の量が違っていたのは、前者がアメリカ式に「ショートトン」で計算したためだった。 RDXは、現在米軍が最も重用している爆薬。ロイヤル・デモリション・エクスプローシブの略だ。プラスチックと混ぜてつくるC4はテロ組織もよく使用する。 HMXはハイ・メルティング・エクスプローシブの略。高温での爆発能力が高く、核爆発装置で核分裂物質の内爆用に使われるほか、ロケットの推進材ともなる。IAEAがこの問題に関与しているのは、HMXが核兵器の起爆剤に利用できるからだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
春名幹男
春名幹男 1946年京都市生れ。大阪外国語大学(現大阪大学)ドイツ語学科卒業。共同通信社に入社し、大阪社会部、本社外信部、ニューヨーク支局、ワシントン支局を経て93年ワシントン支局長。2004年特別編集委員。07年退社。名古屋大学大学院教授を経て、現在、早稲田大学客員教授。95年ボーン・上田記念国際記者賞、04年日本記者クラブ賞受賞。著書に『核地政学入門』(日刊工業新聞社)、『ヒバクシャ・イン・USA』(岩波新書)、『スクリュー音が消えた』(新潮社)、『秘密のファイル』(新潮文庫)、『スパイはなんでも知っている』(新潮社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順