国際論壇レビュー
国際論壇レビュー

日本のTPP交渉参加で始まるアメリカの「グレートゲーム」

会田弘継
執筆者:会田弘継 2013年3月22日
カテゴリ: 国際 外交・安全保障

 グレートゲームが始まった。

 就任後初の訪米で、環太平洋連携協定(TPP)への参加は「聖域なき関税撤廃」を前提とはしないという言質をオバマ大統領から得た安倍晋三首相は、満を持して交渉入りを宣言した。アベノミクスの「3本の矢」のひとつ「成長戦略」に深く関わる通商戦略となる。

 同時に、TPPは中国をめぐってのアメリカのグレートゲーム(大戦略)の一環をなしていることも忘れてはならない。安倍首相訪米直後の米紙「ニューヨーク・タイムズ(NYT)」に掲載された寄稿が、そのことを明確にしている。筆者は政治リスク分析で知られる米コンサルタント会社ユーラシア・グループを率いるイアン・ブレマーと同社の研究部長デビッド・ゴードン(元国務省政策立案部長)だ。【Two Key Foreign Policy Openings for Obama, NYT, Feb. 25】

 

中国とロシアを東西から包囲

「TPPは国家資本主義の伸張を抑え込み、アメリカの影響力を太平洋圏に広げるのに役立つ」。それは冷戦後、今日の欧州連合(EU=当時はEC、欧州共同体)への参加を期待して、東欧諸国が改革を進めていったのと似た力を持つのだという。「影響力を増す中国の国家資本主義の陰で身動きできなくなるかもしれない」地域に、より自由な通商と投資の世界を広げて、アメリカの繁栄を取り戻していく。そこに世界第3の経済大国日本が加わるのは必須なのだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
会田弘継
会田弘継 青山学院大学地球社会共生学部教授、共同通信客員論説委員。1951年生れ。東京外国語大学英米科卒。共同通信ジュネーブ支局長、ワシントン支局長、論説委員長などを歴任。2015年4月より現職。著書に本誌連載をまとめた『追跡・アメリカの思想家たち』(新潮選書)、『戦争を始めるのは誰か』(講談社現代新書)、訳書にフランシス・フクヤマ『アメリカの終わり』(講談社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順