ロシアでゾルゲがブームになる不気味な理由

2004年12月号
カテゴリ: 国際
エリア: ロシア

 旧ソ連の大物スパイ、リヒャルト・ゾルゲが処刑されて十一月七日で六十周年。ロシアではテレビが特別番組を編成、ゾルゲを称える書籍も次々出版され、ゾルゲ・ブームが起きている。国営テレビはゾルゲを愛国者と称え、NTVテレビはゾルゲの独ソ開戦情報を無視したスターリンを批判的に扱った。 ブームの背後には、旧ソ連国家保安委員会(KGB)出身者が中枢を占めるプーチン政権がある。政府筋によれば、プーチン大統領がKGBを志したのは、フランス製作のゾルゲ映画を見たことが契機だとされ、個人的にゾルゲを敬愛しているとの説も。 ロシアではゾルゲだけでなく、情報機関幹部の名誉回復が著しい。六月には、プーチン大統領が師と仰ぐ故アンドロポフKGB議長の銅像がカレリア地方など二カ所に誕生。九月には、モスクワ郊外のジェルジンスキー市に、ソ連秘密警察の生みの親ジェルジンスキーの銅像が復活した。プーチン政権を恐れるルシコフ・モスクワ市長は、ソ連解体前に撤去されたジェルジンスキー像を連邦保安局(FSB)本部前に復活させるよう早々と提案している。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順