香港で高まる「完全民選」への要求

樋泉克夫
執筆者:樋泉克夫 2004年12月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中国・台湾

現在の選挙制度で民衆をいつまでも納得させることはできない。「普通の選挙」への要求がさらに高まるとき、それは大陸中国の民衆の声とも重なってゆく。[香港発]十月初め、香港では九月中旬に選ばれた議員による最初の立法会(議会)が開かれた。規則では、就任の宣誓を「効忠中華人民共和国特別行政区(中華人民共和国特別行政区に忠誠を誓う)」と結ばなければ議席を失うとあるが、この規則に敢えて逆らおうとした新人議員が現れた。 トレードマークの長髪から「長毛」と呼ばれる梁国雄だ。真のマルキストにして貧乏人の味方だと自任し、大企業家と手を組んで香港経営を続ける北京を修正主義と罵倒する彼は、まず「天安門事件の冤罪を雪げ」と大声を張りあげた。そして「効忠中華人民」といったまましばらく口を閉じ、数秒後に「共和国……」と続けたのだ。 形式的には議会規則に反していないが、議場にいた誰の耳にも「中華人民に忠誠を誓う」としか聞こえなかったはず。「共和国」と「特別行政区」、つまり北京と香港の両政府にはっきりとノーといいたい。だが、そこまでは踏み切れない――。彼の行動は、香港住民の“声なき声”を微妙に代弁するようだ。民主化志向は高まるが……

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
樋泉克夫
樋泉克夫 愛知大学教授。1947年生れ。香港中文大学新亜研究所、中央大学大学院博士課程を経て、外務省専門調査員として在タイ日本大使館勤務(83―85年、88―92年)。98年から愛知県立大学教授を務め、2011年より現職。『「死体」が語る中国文化』(新潮選書)のほか、華僑・華人論、京劇史に関する著書・論文多数。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順