腐敗の温床「中国鉄道省」は本当に解体できるか

執筆者:高村悟 2013年3月27日
カテゴリ: 国際 経済・ビジネス
エリア: 中国・台湾
 鉄道省解体は表面だけ?(全人代での李克強首相=左=と習近平総書記)(c)時事
鉄道省解体は表面だけ?(全人代での李克強首相=左=と習近平総書記)(c)時事

 毎年3月の前半に開かれる中国の全国人民代表大会(全人代)は日本のメディアでは「日本の国会に相当する」と説明されるが、実態は国会とは似ても似つかぬ会議だ。議案は採決にかけられるが「圧倒的賛成多数」で可決されることが決まっており、3000人近い代表は民主的決定の装いをするために駆り出されているにすぎない。人事案などで一部の幹部への反対票がかなり出ることがあるが、否決される恐れはまったくない。そうした予定された決議のなかで、今年の全人代で大きな支持を受けたのは鉄道省の解体を柱とする政治機構改革案だった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順