日本の野球は村祭り

成毛眞
執筆者:成毛眞 2004年12月号
カテゴリ: スポーツ 金融

 いまだに野球のどこが面白いのかがわからない。テレビで中継を見ていても五分で飽きる。退屈そうにガムを噛みながら、ときどきボールを投げてときどき打つ、という印象しかない。傍目には集団乱闘に見えてしまうラグビーや、運動量が多すぎて三分とリンクに立てないアイスホッケーを見た後ではさらに印象は悪い。 今年四月、フロリダで行なわれたテニスのチーム世界選手権「デビスカップ」でアンディ・ロディックがサーブの世界最速を記録した。時速は二百四十四・六キロ。このサーブはレシーブ側から見て、約四メートル幅のサービスエリアのどこにくるかが判らない。 一方の野球はせいぜい百六十キロが最速。ストライクゾーンだって狭い。サーバーまたはピッチャーから、レシーバーまたはバッターまでの距離は約十八メートルでほぼ同じである。 野球好きからは変化球も知らないのかと怒られそうだが、テニスにもスピン、スライスなどの変化球がある。 アテネオリンピックでは野球報道の比率が高かった。しかし、あれほどまともな参加国がないスポーツも珍しいという印象しかない。しかも、悪くてもプロ野球オールスター級の日本チームとキューバの死闘だと思っていたら、主にマイナーリーグ所属のオーストラリアに負けた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
成毛眞
成毛眞 中央大学卒業後、自動車部品メーカー、株式会社アスキーなどを経て、1986年マイクロソフト株式会社に入社。1991(平成3)年、同社代表取締役社長に就任。2000年に退社後、投資コンサルティング会社「インスパイア」を設立。さまざまなベンチャー企業の取締役・顧問、早稲田大学客員教授ほか、「おすすめ本」を紹介する「HONZ」代表を務める。著書に『本は10冊同時に読め!』『日本人の9割に英語はいらない』『就活に「日経」はいらない』『大人げない大人になれ!』『ビル・ゲイツとやり合うために仕方なく英語を練習しました。 成毛式「割り切り&手抜き」勉強法』など(写真©岡倉禎志)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順