饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(179)

米大統領「歓迎メニュー」を変えたイスラエル大統領の苦心

西川恵
執筆者:西川恵 2013年4月12日
カテゴリ: 国際
エリア: 中東 北米
 乾杯の笑顔の裏には…… (C)AFP=時事
乾杯の笑顔の裏には…… (C)AFP=時事

 オバマ米大統領が3月20日から23日までの4日間、イスラエル、パレスチナ自治区、ヨルダンを訪問した。歴訪は無事に終わったが、舞台裏ではイスラエル大統領官邸の饗宴料理をパレスチナが批判するなど、双方の間で展開されている文化戦争の一断面をのぞかせた。

 オバマ大統領の訪問を控えた3月中旬、イスラエル大統領官邸はペレス大統領が21日夜に催す歓迎晩餐会のメニューを明らかにした。それによると「イスラエルの典型的な地元料理」で、前菜は〈ファラフェルの団子とフムス〉、主菜は〈ラムチョップにキノコを詰めたズッキーニの花添え〉、デザートは〈果物とイスラエルのチョコレート〉だった。

 これにパレスチナの人々から批判が起きた。問題視したのは前菜。ファラフェルはゆでたヒヨコマメを潰し、団子にして揚げたもの。フムスは同じヒヨコマメをペースト状にし、ニンニク、練り胡麻、オリーブオイルなどを加えた一品。

 イスラエル占領下の東エルサレムにあるパレスチナ系の国際問題研究所のマフディ・ハディ所長はアラブ紙のインタビューにこう述べた。

「イスラエルはわれわれの土地を奪った上に、今度は料理文化を奪おうとしている。ファラフェルとフムスはオスマン帝国支配下の16世紀ごろに生まれた料理で、イスラエルとは何ら関係ない」

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順