行き先のない旅
行き先のない旅(19)

欧州の「同性カップル」たち

大野ゆり子
執筆者:大野ゆり子 2004年12月号
カテゴリ: 国際 文化・歴史
エリア: ヨーロッパ

 米大統領選の大きな争点の一つとなった同性結婚問題。選挙終盤戦でこの問題をめぐる議論が活発化したちょうど同じ頃、大西洋を挟んで欧州でも、「同性愛」をめぐる問題が欧州議会をおおいに揺るがした。 ことの発端は次期欧州委員会副委員長として、司法、内務を担当するはずだった、イタリアのロッコ・ブッティリオーネ氏が聴聞会で行なった発言。熱心なカトリック教徒で、ローマ法王の右腕ともいわれる氏は、法律と道徳は違うと断った上で、「同性愛は罪(sin)だと思う」と述べ、「女性は子供を持ち、男性に保護される権利がある」といった保守的な価値観を披露した。これは政策には影響しない個人の信条だと述べたが、欧州議会市民権委員会は、同氏を不適任と判断。これにより欧州連合(EU)の内閣にあたる欧州委員会が予定の期日に発足できないという、前代未聞の騒動が起きた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
大野ゆり子 エッセイスト。上智大学卒業。独カールスルーエ大学で修士号取得(美術史、ドイツ現代史)。読売新聞記者、新潮社編集者として「フォーサイト」創刊に立ち会ったのち、指揮者大野和士氏と結婚。クロアチア、イタリア、ドイツ、ベルギー、フランスの各国で生活し、現在、ブリュッセルとバルセロナに拠点を置く。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top