イスラエル大統領の苦心、「専門家の部屋」3本

執筆者:フォーサイト編集部 2013年4月12日

本日の更新記事は、西川恵さんの「饗宴外交の舞台裏(178)米大統領『歓迎メニュー』を変えたイスラエル大統領の苦心」です。歓迎される側の視点では見えませんが、迎える側には意外なところで激しい暗闘が繰り広げられています。

「専門家の部屋」では、3本の新エントリ。

『焼身自殺』相次ぐブルガリアの絶望」(ヨーロッパ、佐藤伸行さん):電気代の高騰がブルガリアで庶民の生活を直撃。再生可能エネルギー普及への動きが、料金高騰の原因となっています。

イエメンの軍再編は最終段階に」(中東、池内恵さん):前大統領の長男は更迭、政権崩壊への「功労者」も退任。イエメンが近代国家の体裁を整えられるのか、正念場を迎えています。

シリアのアル=カーイダ系組織の不穏な動向」(中東、池内恵さん):アサド政権の力が弱まるシリア。アサド後は、「過激派諸勢力を吸い寄せるマグネット」となる危険性があります。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順