クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

元テロリストの臨終

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2004年12月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中東

 パリ郊外の病院で息を引きとったヤセル・アラファトは、見方によってエエ者にもワル者にもなる男だった。しかし、ただ一つ、彼が過去にテロの頭目であった点だけは、誰も否定できないだろう。 一九八一年十月に初来日した頃の彼は、もうPFLPなどテロ・グループとは手を切っていたと思う。日本に来る直前、たしか北京あたりにいたとき、アラファトの手元にエジプトのサダト大統領暗殺の第一報が届いた。 サダトこそ、誰が見ても正真正銘のエエ者である。憎しみに彩られ血にまみれた中東の現代史の中で、彼だけは一貫して和平の建設者だった。イスラエルというユダヤ国家の存立を認め、パレスチナ国家の創設と平和共存を提唱した。アラブ指導者として初めてエルサレムに行き、イスラエル議会で演説して占領地域からの撤退を要求した。立派な識見と果敢な行動力。 だが平和より緊張を好む者は、いつの世にもいる。エジプト軍の分列行進を閲兵していたサダトは、列を離れた数人の兵士によって殺された。自動小銃で止めを刺されるシーンが、全世界に流れた。 北京でコメントを求められたアラファトはHe deserved it.(当然の報いだ)と言った。サダトの血の匂いのする時点で、そういうことが言えたのである。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順